コラム column

  • フェロー候補生向け研修プログラム「自分史」で、自己理解を深めよう

    コロナ禍で人に直接会いづらいなど、外に向かう行動に制限をかけられる中、自分自身を振り返るなど、内に向かう時間を取れるようになったという方も多いのではないでしょうか。かく言う筆者も、その一人です。 そこで今回、自分自身を振続きを

  • 35人学級への背景と課題!海外の少人数学級への取り組みとは?

    小学校の学級規模を35人へ引下げることが決まった日本。文部科学省と財務省の間での議論の末に今回の合意へと至りましたが、どのような経緯で少人数学級への移行が決まったのでしょうか。今回、海外での学級規模や少人数学級へのスタン続きを

  • 【コロナ禍の教育】ユニセフ報告書から考えるコロナ対策の重要性とは?

    深刻な経済社会的混乱を引き起こしている新型コロナウイルス。子ども達の生活にも多様な影響を及ぼし、中でも深刻なのが格差拡大と言われています。コロナの子どもへの影響を迅速に対処していく必要があり、行政のみならず、多方面からの続きを

  • 【コロナ禍の教育】ユニセフ報告書から考えるコロナの子どもへの影響

    未だ脅威的な拡大が続く、新型コロナウイルス。このパンデミックは、子どもたちの生活も混乱へと導きました。同時に、多くの既存の教育課題への再注目の機会をもたらし、様々なテーマも各メディアで取り上げられてきたと思います。今回、続きを

  • 【コロナ禍の教育】世界の学校ではどう取り組んでいる?ーインド編

    12月に入りワクチン接種を開始した国々がある一方、日本での第3波感染拡大、イギリスでの変異種の発覚など、新型コロナウイルスの収束の見通しは未だついていません。今回【コロナ禍の教育】第三弾とし、南アジア地域のインドに注目し続きを

  • 【コロナ禍の教育】世界の学校ではどう取り組んでいる?ーオランダ編

    新型コロナウイルスの感染拡大は、日本だけでなく世界中に広がっています。【コロナ禍の教育】シリーズの第二弾は、筆者も2年間生活していたオランダに注目してお伝えしていきます。2020年9月にユニセフが発表した子どもの幸福度で続きを

  • 【コロナ禍の教育】世界の学校ではどう取り組んでいる?ー台湾編

    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した2月、3月から夏を超え、冬を迎えるにあたり、再び世界各地で第2波、第3波と感染者数は増加傾向にあります。それに伴い、アメリカの特定の地域などで、再び休校措置をとる学校も出てきていま続きを

  • 子どもの精神的幸福度ワースト2位!ウェルビーイングとは?【後半】

    2020年9月に発表された『レポートカード16』を前半記事でご紹介しました。後半記事ではユニセフの報告書から発展的に考え、教育と日本の子ども達の精神的幸福度についてご紹介していきます。また、幸福度を上げていくためにはどの続きを

  • 子どもの精神的幸福度ワースト2位!ウェルビーイングとは?【前半】

    2020年9月、コロナ禍で不安が続く中、ユニセフ・イノチェンティ研究所が『レポートカード16ー子どもたちに影響する世界:先進国の子供の幸福度を形作るものは何か』を発表しました。報告書では、日本を含む先進国38か国の子ども続きを