小学校

  • 先生方を学校内からサポートする。働き方を変えることで教育は変わる。

    ~アラムナイインパクト vol.2_遠藤崇之(43)_新渡戸文化小学校 統括校長補佐~ 教員の働き方改革をすることで、教育の質は上がると断言する遠藤さん。2年間の小学校教員を経て、先生の働き方を変えるための活動に人生の舵続きを

  • 教育は難しくない。目の前の子ども達に、大人が楽しんで生きる姿を見せ続ける―後編―

    とにかく熱い、熱い情熱を燃やし、目の前の子ども達のためにと学校内外で挑戦を続ける北フェロー。不動産会社、人材会社を経て教育、Teach for Japanに興味を持ったキッカケとは。また、赴任1年目から人の何倍も行動し続続きを

  • 教育は難しくない。目の前の子ども達に、大人が楽しんで生きる姿を見せ続ける―前編―

    とにかく熱い、熱い情熱を燃やし、目の前の子ども達のためにと学校内外で挑戦を続ける北フェロー。不動産会社、人材会社を経て教育、Teach for Japanに興味を持ったキッカケとは。また、赴任1年目から人の何倍も行動し続続きを

  • 「Education」という共通言語。銀行員、JICAボランティアを経て小学校教員へ。

    地元岡山での銀行員、ブラジルでのJICAボランティアを経て、Teach For Japanのフェローシップ・プログラムで小学校教員になった森清フェロー。小学校の教員になったきっかけやフレッシュな視点で「教員」という仕事の続きを

  • 自然とあった「教員」という選択肢。ビジョンとなった公民的資質の向上とは?

    中高生時代に学校や学ぶことの楽しさを体験した村上さんの中には、自然と「教員」という選択肢があったそうです。しかし、新卒では教員にならず、自分の専門ではない小学校教員への道を選択し、今年で3年目を迎えています。なぜそのよう続きを

  • 子どもの「選択肢」を広げるために、ヤングアメリカンズを学校に届けたい!(第三部)

    2年間学校で教員をするとしたら、どのような教育活動をするでしょうか?今回インタビューさせて頂いた増永純女さんは、Teach For Japanの4期フェロー(教師)として3年間公立小学校に勤務しました。インタビュー第三部続きを

  • 子どもの「選択肢」を広げるために、ヤングアメリカンズを学校に届けたい!(第二部)

    2年間学校で教員をするとしたら、どのような教育活動をするでしょうか?今回インタビューさせて頂いた増永さんは、Teach For Japanの4期フェロー(教師)として3年間公立小学校に勤務しました。インタビュー第二部とな続きを

  • 子どもの「選択肢」を広げるために、ヤングアメリカンズを学校に届けたい!(第一部)

    2年間学校で教員をするとしたら、どのような教育活動をするでしょうか?今回インタビューさせて頂いた増永さんは、Teach For Japanの4期フェロー(教師)として3年間公立小学校に勤務しました。学校現場で、子どもたち続きを

  • 子どものために先生の働き方を良くしたい!元小学校教員の揺るぎない意志と挑戦

    「教員の多忙化」という言葉を耳にしたことはありますでしょうか?小学校教員の33.5%、中学校教員の57.7%が1カ月に80時間以上の時間外労働をしています。(教員勤務実態調査)今回インタビューさせて頂いた遠藤先生は、小学続きを