fbpx

プレエントリー
あなたが先生になる。子どもたちの未来が少し広くなる。

「そろそろ次の⼀歩を踏み出したい。」
「もっと世の中の役に⽴つ仕事ができたら。」
「そういえば、⼦どものころの夢は先⽣だった。」
⾃分のことだと、ほんの少しでも感じたあなた。
2年間、先⽣として働いてみませんか。

「私で⼤丈夫?」と不安になるかもしれません。
でも、あなたの⼈⽣経験のすべて、
たとえ失敗や挫折だって、⼦どもにとっては先⽣。
こんな⽣き⽅もあるんだ。こんな未来も選べるんだ。

あなたと出会うことで、 ⼦どもたちから
⾒える世界は、きっと広がるはずです。
年齢も、職歴も、教員免許の有無も問いません。
まずは気軽に、プレエントリーしてみてください。

Program featureプログラムの特徴

01教員免許がなくたって、
教師になれる。

私たちのプログラムは、応募時点での教員免許の有無は問いません。応募時点で教員免許を有していない方は、連携している自治体が発行する臨時免許状や特別免許状を活用します。

02いくつからだって、
教師になれる。

私たちのプログラムには、学生の方から社会人の方まで幅広い年齢層の方が参加しています。教師を志す思いに年齢は関係なく、自治体も年齢制限を廃止する方向で進んでいます。

03採用試験受験者・現役教員も、
フェローになれる。

私たちのプログラムには、教職課程を履修し教員採用試験を受験される方、すでに現役の先生として子どもたちに向き合っている方も参加しています。

Fellowship Programフェローシップ・プログラム

  • プログラムの流れ
    プログラムの流れ

    私たちは、教育をより良くしたいと考える多様な人材を教員免許の有無に関わらず選考し、これからの時代を見据えた教師としての資質・能力を研修を通して育みます。そして、自治体との連携により、様々な教員免許状を活用し、2年間「教室」に送り出します。

  • プログラムの魅力
    プログラムの魅力

    フェローシップ・プログラムは、既存の教職課程を経ずに学校現場に赴任することができるユニークなプログラムです。また、多様な仲間たちと切磋琢磨できるコミュニティがあり、世界60カ国以上に展開する「Teach For All」をはじめとしたネットワークを活用することができます。

Interviewインタビュー

  • 関係者の皆さま
  • フェロー
  • 修了生

Eventイベント/説明会

一覧を見る

Entryエントリーについて

Eventイベント/説明会

未来の教育を変える一歩 〜修了生が明かすTeach For Japanフェローシップの舞台裏〜

  • 7月25日(木)
  • 19:30~21:00

event

フェローシップ・プログラムの修了生による恒例企画!
少人数でじっくりお話しいただけるオンライン座談会イベントです!

「実際の教育現場での経験や、子どもとのエピソードなどについて、生の声を聞いてみたい」
「フェローになることに興味はあるけど、正直自分にできるのかが不安・・・」
「参加決断の背景や、修了後のキャリアなどについて、直接詳しく聞いてみたい」
などなど。
応募したい気持ちはあるけど、まだ迷っている!という方におすすめのイベントとなっております。

このイベントは、4名の修了生がブレイクアウトルームにわかれ、それぞれのルームで、3~4名の参加者のみなさまからの質問をもとに、ざっくばらんにお話する形式となります。修了生は、多様なフェロー前の経歴、異なる現場での経験、それぞれの修了後のキャリアなどについて参加者のみなさまと意見交換することを楽しみにしています。

〜企画メンバーからのメッセージ〜
「修了生の私たちも、フェローになる前は不安がありました。本当に現場で通用するのか。その後のキャリアはどう考えたらいいのか。このイベントは、一人でも多くのかたに先生という素敵な仕事を経験していただくために、どんな些細な質問にもお答えし、不安を払拭する場にしたいです。修了生としてお伝えできることは全てお伝えします。お待ちしております!」

ご興味をお持ちいただけたら、ぜひお申し込みください!

※本イベントは、座談会形式のイベントになります。必ず画面オン&声が出せる環境にてご参加ください。
※本イベントは、原則「フェローシップ・プログラム説明会」に参加された方が対象です。参加していないかたは、「フェローシップ・プログラムの概要説明動画」を先に視聴いただければ、参加可能です。下記の詳細をお読みください。
※定員を設けているイベントになりますので、無断キャンセルはご遠慮ください。キャンセルされる場合は、前日までに本Peatixページのメッセージよりご連絡ください。

★☆★☆お申し込みはこちら★☆★☆
https://peatix.com/event/4049295

<イベント概要>

■開催日時
2024年7月25日(木)19:30~21:00

■開催場所
オンライン開催
(Zoomを使用いたします。当日使用するURLは、お申し込みいただくと表示できるようになります。)

■参加費
無料

■対象者
Teach For Japanのフェローシップ・プログラム説明会にご参加いただいたことがある方 / 応募に興味をお持ちの方
※説明会には参加したことがないが、本イベントへの参加をご希望されるという方は、必ずお申し込み前に以下の動画をご視聴ください。

↓↓↓フェローシップ・プログラムの概要説明動画↓↓↓
https://youtu.be/Calvo4pZq4M

※なお、本イベントは座談会形式のイベントになりますので、必ず画面オン&声が出せる環境にてご参加ください。

■定員
20名(先着順)
※定員を設けているイベントになりますので、無断キャンセルはご遠慮ください。キャンセルされる場合は、前日までに本Peatixページのメッセージよりご連絡ください。

■イベントの流れ(予定)
19:30〜19:40 オープニング
19:40〜20:00 座談会①(4つのブレイクアウトルームのどこかにランダムで割り当てさせていただきます)
20:00〜20:20 座談会②(4つのブレイクアウトルームのどこかにランダムで割り当てさせていただきます)
20:20〜20:50 座談会③(お好きなブレイクアウトルームへ、自由に移動していただけます)
20:50〜21:00 クロージング

【登壇者紹介】
★お申し込みいただいたみなさまには、より詳しい情報を掲載した資料を事前に配布させていただきます★

長崎裕也さん
小学校の教師を目指し、教員養成系の大学へ進学。在学中はNPOでの子供の居場所支援、フィンランドやフィリピンでの教育実習等を経験。学べば学ぶほどより様々な教育の在り方に興味を持ったため、フェロー第9期生として教員の道へ。3年間、福岡県の公立小学校で学級担任を務め、自由進度学習や学校の居心地改善などに取り組んだ。現在はCAN!Pという団体で、探究学習スクールの運営やオルタナティブスクールの立ち上げを行っている。

中谷香央里さん
津田塾大学で中高の免許取得後、新卒では飲食業界に入り、居酒屋店長として5年間勤務。アルバイト教育に携わるうちに、本格的に教育の仕事がしたいと思い、Teach For Japanに挑戦。長崎県の小学校にて2年間赴任。現在は通信制高校にて勤務をし、子どもたちとの関わり方を模索し続けている。

有村恭子さん
新卒で日系IT企業に入社し、法人営業を3年、その後、外資系ITメーカーへ転職し、コールセンターのリーダーやプロジェクトリーダー、部門マネージャーとなる。コロナ時期に働き方を見直し、50歳を過ぎてフェロー第10期生として小学校教員の道へ。それがきっかけで東京から広島県へ移住し、現在は、地域おこし協力隊として広島県内の離島にて公立高校の魅力化プロジェクトに参画中。

林直人さん
大学時代にカンボジアで体育を教えるボランティアを行い、教育に興味を持つ。また、大学院では1年休学してミャンマーでDVD教育を届ける活動も行なっていた。「人の自己実現に関わりたい」という思いを持つようになり、大学院修了後は教育系の企業で日本の中高生の学習支援を行う。学校に足を運ぶ中で、直接生徒に関わりたいと思うようになり、フェロー第10期生に応募して、熊本県の中学校で勤務。2年の教員経験を経て、探求的な活動やSTEAM学習、PBLやSELに重要性と可能性を感じるようになり、現在は探究学習に関わる企業で勤務をしている。

【企画・ファシリテーター】
庄子貴喜さん
新卒で株式会社リクルートHRマーケティングに入社。採用領域で経営者や人事に伴走する。その後、学校法人大原学園で講師として、高校生と専門学校生のキャリア支援に関わる。行政機関での経験も経た後、Teach For Japanのフェローとして、福岡県の公立小学校に赴任。担任教諭として小学校教育に携わる。現在は独立し、コミュニケーションの視点で子どもから社会人にまで幅広く教育を届けるべく、株式会社 Community For Allの代表として活動中。

★☆★☆お申し込みはこちら★☆★☆
https://peatix.com/event/4049295

Eventイベント/説明会

どうして現役教師がTFJフェローに?“現役教師の私たちが、学校外の多様な人たちと学び合えるコミュニティを求めてTFJに参画したら「教育」の見えかたが変わった話”

  • 8月10日(土)
  • 13:00~14:30

event

認定NPO法人Teach For Japanは、「すべての子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界の実現」というビジョン達成に向けて、教員免許の有無にかかわらず、多様な人材を公立学校の現場に2年間輩出するフェローシップ・プログラムを運営しています。

Teach For Japanが運営するフェローシップ・プログラムを、既に現役の教師として活躍される皆様にも開放することを通して、これまで形成してきた学びのコミュニティをより一層発展させ、一人ひとりが学習に関する専門性を高めていくことで、子どもたちにとってより良い学習環境を創出することを目指しています。

本イベントでは、実際にプログラムに参加された現役教師の方々に登壇いただき、「なぜ応募しようと思ったのか?」「実際参加してみてどう?」「TFJの研修ってどんなことするの?」「どんな変化があったか?」などのテーマでお話しいただく予定です!

Teach For Japan職員がインタビュー形式で質問をしていきますので、ラジオ感覚でご参加いただけるイベントとして企画しました。
耳だけ参加OKのイベントです。少しでも興味を持ってくださった場合は、ぜひお申し込みください!

皆様のご参加、お待ちしております。

★☆★☆お申込みはこちら★☆★☆
https://peatix.com/event/4031808

■日時:
2024年8月10日 (土) 13:00 – 14:30

■実施方法:
Zoom ウェビナー配信(お申し込みいただいた方には、録画アーカイブも共有いたします)
当日使用するURLは、お申し込みいただくと表示できるようになります。

■参加費
無料

【登壇者紹介】

宮﨑美里さん(Teach For Japanフェロー第10期生 / 公立小学校教諭)
鹿児島県出身。福岡教育大学初等音楽科卒業。高校生の時、不登校になったことをきっかけに教師を志す。2016年は鹿児島県の公立小学校、2017年から福岡県田川市の公立小学校に勤務。校務分掌では、これまで主に研究推進に従事。自分の原体験や勤務地域の実態から、地域連携や学校内外の教育について関心を持ち、昨年度、九州大学社会教育主事講習を受講。今年度は児童支援加配として、いじめ・不登校への対応などをしている。

重松雅博さん(Teach For Japanフェロー第11期生 / 公立小学校教諭)
1992年生まれ。福岡教育大学初等国語科卒業。福岡市内の公立小学校に赴任。教員9年目。
中学・高校の国語の教員を志し大学に入学をしたが、小学校の教育実習で出会った子どもたちの姿をきっかけに、小学校教員を目指す。子どものよりよい学びを実現するために、現在、研究主任として日々の授業改善をテーマに校内研究を進めたり、福岡市の総合的な学習の時間の研究委員として総合的な学習の時間の単元づくりや授業実践にも取り組んだりしている。

【聞き手】

池田由紀(Teach For Japan職員/フェロー第3期生)
早稲田大学教育学部卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社し物流・用船事業に従事。2015年4月よりTeach For Japanフェロー第3期生として奈良市内の公立小学校に赴任。教室では「子どもたちと社会、世界を繋ぐ」を軸にした実践を行い、地域では子どもたちとダンスクラブを立ち上げたり、映画上映イベントや教育関係者が交流できる場づくり・ワークショップの企画をしたりと、学校内外で様々な活動に取り組んだ。奈良での3年間の教員生活終了後、Curio Schoolや新渡戸文化学園などを経て現職。現在は教師の採用や研修プログラムの開発をしながら、 青山学院大学大学院博士後期課程に在籍し学習科学や教師教育をテーマに研究活動を行う。

★☆★☆お申込みはこちら★☆★☆
https://peatix.com/event/4031808

Eventイベント/説明会

中高の教員免許を取得後に民間企業に就職した私が、TFJフェローとして小学校の先生になって通信で小学校の免許をとり、教採に合格した話。

  • 7月24日(水)
  • 20:00~21:00

event

Teach For Japanは、教育をより良くしたいと考える多様な人材を、公教育現場に「教師」として送り出しています。

「フェローシップ・プログラムに参加者する人ってどんな人?」
「学校現場でどんな経験をして、それがどんな風に今にいかされているの?」
「赴任前の研修と仕事って両立できるの?」
「修了後、どんなキャリアを歩んでいるの?」
など、実際の参加者のリアルな声を聞いてみたいという方におすすめしたいのが、実際に2年間学校現場に赴任し、その後プログラム修了生として活動している方をゲストにお迎えするこちらのイベントです!

とはいえ、日々忙しい中で「なかなか時間が取れない」「イベントの時間が移動や家事の時間と重なっている」という方もいらっしゃると思います。

そこで、Teach For Japan職員が修了生にインタビュー形式で質問をしていくことで、ラジオを聞くような気持ちでご参加いただけるイベントとして企画しました。耳だけ参加OKの1時間のイベントです。
また、どうしても時間が合わない!という方には録画での視聴も可能となっております。

少しでも興味を持ってくださった場合は、ぜひお申し込みください!

★☆★☆お申込みはこちら★☆★☆
https://peatix.com/event/4013680

【イベント概要】
■開催日時
2024年7月24日(水)20:00~21:00

■配信URL
Zoom ウェビナー配信(お申し込みいただいた方には、録画アーカイブも共有いたします)
当日使用するURLは、お申し込みいただくと表示できるようになります。

■参加費
無料

■イベントの流れ(予定)
20:00~20:05 Teach For Japanのご紹介
20:05~20:35 修了生インタビュー
20:35~20:55 質疑応答
20:55~21:00 お知らせなど

インタビューでは、主に
・フェローシップ・プログラムに参加した経緯
・学校現場での実践
・今のキャリアや活動
などについてお話いただく予定です。

【登壇者紹介】

千葉愛子さん(Teach For Japan フェロー第10期生/小学校赴任)
高校で教師になりたいと思い、大学で中学(社会)と高校(地歴・公民)の教員免許を取得後、人材広告の営業として一般企業へ就職。3年間の営業経験を経て、「すべての人々が笑顔で幸せに暮らせる世界の実現」をビジョンに、認定NPO法人Teach For Japanフェロー第10期生として、埼玉県の小学校に勤務。昨年、通信大学で小学校の免許を取得し、埼玉県の教員採用試験に合格。今年度から埼玉県の教職員として勤務。全ての子供が笑顔で学校生活を送れるよう、社会に出たときに幸せに生きていけるよう尽力している。

【聞き手】

池田由紀(Teach For Japan職員/フェロー第3期生)
早稲田大学教育学部卒業後、伊藤忠商事株式会社に入社し物流・用船事業に従事。2015年4月よりTeach For Japanフェロー第3期生(教師)として奈良市内の公立小学校に赴任。教室では「子どもたちと社会、世界を繋ぐ」を軸にした実践を行い、地域では子どもたちとダンスクラブを立ち上げたり、映画上映イベントや教育関係者が交流できる場づくり・ワークショップの企画をしたりと、学校内外で様々な活動に取り組んだ。奈良での3年間の教員生活終了後、Curio Schoolや新渡戸文化学園などを経て現職。現在は教師の採用や研修プログラムの開発をしながら、 青山学院大学大学院博士後期課程に在籍し学習科学や教師教育をテーマに研究活動を行う。

★☆★☆お申込みはこちら★☆★☆
https://peatix.com/event/4013680