ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. インタビュー
  4. 教育格差を目の当たりにしたからこそ教師に。新卒教師が向き合った日々。

教育格差を目の当たりにしたからこそ教師に。新卒教師が向き合った日々。

SDGsには、「人や国の不平等をなくすこと」や「質の高い教育をみんなに与えること」が明記されています。理論的に、格差が生まれる構造を学び、アメリカの教育格差を目の当たりにした磯さんは、日本でも教育格差があることを知ってTeach For Japan(以下、TFJ)に参加します。TFJに参加するまでの経緯と教師としての2年間、そしていま考えていることをインタビューさせて頂きました。

磯依里子

※表は横にスライドできます。

赴任期間2015~2017(3期フェロー)
赴任先大阪府
校種中学校赴任(中学3年生、1・2年生、英語科担当)
出身大学国際基督教大学(教養学部 アーツサイエンス学科 教育学メジャー・言語教育マイナー)
教員免許中学校・高等学校教員免許(英語科)
経歴TFJフェロー→NPO法人じぶん未来クラブ
趣味ウクレレ弾くこと・海に行くこと・海外旅行
好きな言葉神よ、
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、
変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
(ニーバーの祈り) 
一言メモ「愛」を全身で表現するエンターテイナー

おなかの底からやりたいことがTFJにあった

教育に興味を持つようになったきっかけを教えてください。

大学を選んだときは、国連で働きたいと思っていました。それで国際開発学を主に学んでいましたが、国際開発を学ぶ中で、教育を学ぶことは避けて通れません。それは、紛争や貧困は、人がつくっているからで、教育はその「人」をつくる仕事だから。なので、教育にもずっと興味を持っていました。

大学3年生で専攻を決めるときに、教育学と言語教育を選びました。その中でも、経済政策と教育政策の関係を学ぶ比較教育に一番興味を持ちました。競争原理を働かせるという構造があると、それが教育現場に持ち込まれます。その結果、経済的に恵まれている層は、より多くの機会が与えられ、さらに豊かになる。しかし、そもそもその土台に乗れていない層は、与えられる機会や得られる機会が必然的に少なくなり、結果として教育格差が生じて行く構造を理論として学びました。ただ、正直あまり実感はありませんでした。

アメリカに留学をしているときに、移民の子どもたちの学習支援にボランティアとして参加しました。イリーガルな形で入国した人たちが住む地域で、車で行かないと危険という場所でした。そこにいる子どもたちは、学習障害があるわけではなく、言語の問題(母語がスペイン語で第二言語として英語を学んでいる)と適切な学習サポートを得られていない経済的環境があいまって、全く勉強がわからない状況でした。

それを見たときに、「これだ…」と思いました。この状況の中で、この子どもたちが上がっていく難しさと不条理を感じました。誰もが産まれて等しい権利を持っているはずなのに……そうなっていない状況を目の当たりにしたんです。

TFJのフェローになった経緯を教えてください。

とはいえ、日本では、アメリカのようにあからさまな激しい教育格差はないだろうと思っていました。でも、家庭教師のアルバイトをして、実際に経済的に恵まれていないご家庭を担当したときに、日本にも教育格差が見えないだけで、あることを知りました。アメリカのようにあからさまではないけれど、日本にも子どもの貧困はあるんだと、日本の教育格差に課題意識を持ちました。大学4年生の夏でした。

大学で教員免許も取得していたので、東京都の教員採用試験を受けました。というのも、私は私立の進学校で教育を受けて育ってきました。そこでは、勉強ができる子とできない子で優劣がつけらるように感じていました。なので、私のイメージでは、私立学校というのは、子どもを商品のようにラベリングして、ラベルをつけられた子どもが卒業していくという「工場」のような感覚でした。もちろんすべての私立学校がそうではないと思いますが……。私は、この教育マシーンの一部にはなりたくないと思っていたので、教師をやるなら公立の学校と決めていました。

ただ、大学での勉強も楽しかったので、大学院へ進学するか教師になるかはすごく迷いました。その時に、Teach For America創設者のウェンディ・コップの本を読んでいて、「この人本当すごいな!先生になるなら、私も困難な環境にいる子どもたちのための先生になりたい」とおなかの底から思ったんです。

それで、日本にもTeach For Americaのような団体がないかなと調べたら、あったんです!それで、すぐに連絡して、翌日にTFJの採用担当者と会いました。ちょうど3日後に選考会があるタイミングで、運命としか思えない流れでした。東京都の教員採用も決まっていましたが、おなかの底からやりたいことを考え抜いて、TFJに参加することにしました。やっぱり、大変な環境に置かれている子どもたちのためにやりたいと思ったんです。

「自分の方を振り向いてくれないなら知らない」では、本当の愛ではない

教師1年目を振り返ると、どのような日々でしたか?

私が何をできたかはわからないです。社会人としてや教師としてではなく、人間として大事なことを子どもたちから学んでいったという感じです。100%、ひたすらぶつかり続けて、教えてもらったと思います。

生徒たちには殴られたし、けられたし、毎日「東京帰れよ!」と言われ続けました。いつでも笑っていようと思いましたが、心の中はズタボロで、職員室で何回泣いたかわかりません。それに、職員室の先生方に対しても、気丈に振舞っていました。子どもたちのために、何かプラスになることをしたいと思ってきたにもかかわらず、全くそれどころではありませんでした。振り返ると本当によくやったなと思います。

あるとき、これはもうダメだと思う瞬間がありました。この学校や地域を少しでも良くしたいという気持ちでフェロー(教師)になることを選択したのに、結果として迷惑ばかりかけてしまい、何も貢献できていないと思ったんです。その強い挫折感を味わった時に、心の底から自分自身に向き合って、2つのことに気がつきました。

1つは、困難な環境に置かれている子どもたちのことを、かわいそうだと思っている自分が心の中にいたこと。伝え方が難しいのですが、「かわいそう」って思っている時点で、本来そのような意図を持っていなくとも、意識として自分の方が立場が上になっちゃうんですよね。そうではなく、あの子たちは「私なんかよりも、生きる力が最強に強い子たちなんだ」と気づきました。大人と子ども、という関係性ではなく、1人の人間として、子どもたちを見ることを教えてもらいました。

もう1つは、先生たちに「子どもたちに少しでもいい影響を与えるために来ている」という想いを伝えて一緒に向き合ってもらわないとダメだということです。自分がどのように他の先生から見られているか、評価されているかを気にするがあまり、本当の想いを同僚の先生方に伝えられていませんでした。でも、想いを自分から伝えないと、誰も理解なんてしてくれません。ある日の職員会議で、自分の想いを思いっきり先生方に伝えました。それをきっかけに、他校の先生方や協力的な保護者の方とのつながりができていきました。

この2つの気づきを経て、まずは先生方や保護者の方と関係性を築き、その後子どもたちとも少しずつ、少しずつ信頼関係を築けるようになっていきました。そのときに、信頼関係ってこうやってできていくんだと思ったのを覚えています。

子どもたちと関係性が築けるまでは、また殴られるんじゃないかという怖さがありました。でも、どれだけやられても向き合ってくれるのかを子どもたちは見ているんだと思って、毎日向かっていきました。人として本当に試されたと思います。自分の方を振り向いてくれないなら知らない、その子とは関わらないでは、本当の愛ではないから。本当にこの子たちを愛することができるのかを、毎日自分自身で試していました。凄まじかったけれど、良かったと思います。

印象的なエピソードがあれば教えてください。

子どもと向き合うときに、相手のせいではなくて、やっぱり自分が変わるというスタンスでやってきました。それが響いたなと思える子もいましたし、響いたかわからない子もいました。

記憶に残っているエピソードはたくさんありますが……。授業中にルーズリーフを切って、「わっしょいわっしょい」言いながら、紙を宙にまき散らしたり、他の子を馬鹿にしたりする子がいました。その子に、私は注意することしかできませんでした。1年間振り返ったときに、その子に私は何を伝えられたのかわかりませんでした。

でも、2年目を終えて、東京に帰る頃、その子から手紙が届きました。そこには、「磯先生のこと大大大大大好きです。私のために怒ってくれてありがとう。」と書いてありました。

私は恵まれた家庭環境で育ってきました。だから、目の前にいる子たちの痛みや辛さは想像できても、本当にはわからないんです。同情目線になるのではなくて、同じ目線になるためには、想像するしかないし、向き合うことしかないと思っています。

私という人間を最大限発揮できる場所はどこか?

2年間を終えてからのキャリアを教えてください。

先生の世界は、計り知れない深さがあり、計り知れないやりがいがありました。ただ、研修や里帰りで東京に帰ってくるたびに、つまり学校の外の世界に触れるたびに、「ん?1世紀違うのかな??」と感じていました。学校の外の世界では、様々な社会の動きがあるのにもかかわらず、特に公立の私がいたような地方の学校は、その社会の動向から置いてきぼりにされているような感覚でした。帰省するタイミングで、外資系の会社で働いている友達に会って話を聞いていると、まるで社会が分断されている気がしたんです。「こうも交わらないのか…」と思ったんです。

どっちに優劣があるというわけではないのに、お金が集まり、新しいものが生まれ、発展していくのは学校外の世界だと思いました。それで、どうやったら企業とかお金というリソースを公立の学校現場に入れていくようになるかと思うようになったんです。それが、私という人間を最大限発揮できることで、私が出会った子どもたちにできる最大の贈り物だと思ったんです。

それで、音楽を通じた表現教育ワークショップを世界各地で行っている団体であるヤングアメリカンズのジャパンツアーをオーガナイズ(全国92の市区町村と200を超える法人で開催)しているNPO法人じぶん未来クラブにキャリアチェンジしました。いろんな人たちを巻き込んで、教育委員会や自治体レベルで課題解決にアプローチしたかったんです。

これからチャレンジしたいことはなんですか?

入社3年目を迎えてもなお、めちゃくちゃ学んでいます。ヤングアメリカンズのプログラムは、人間の根幹を育てる大切な要素が詰まっています。参加する子どもは、歌やダンスの演目を3日間で習い、3日目には1時間のショーを、保護者や地域の方々に向けて披露します。

このプロセスを通じて、子どもは「失敗を恐れずに挑戦すること」や「自分を思いっきり表現すること」などたくさんのソフトスキルを学びます。ヤングアメリカンズを通して得られることには100年経っても変わらない価値があると思っています。

私の今の主な仕事は、このプログラムの学校法人担当として、準備から当日までのプロセスを先生方と一緒に考えて形にしていくことです。プログラムを導入いただくにあたって、その学校や、その学年それぞれに意図があります。例えば、自分の限界を自分で決めてしまう子どもたちの殻を破らせたいというような意図です。プログラムの前後で、先生方と一緒に意図をすり合わせていきます。

それって、どういう学校にしたいのか?どういう生徒に育てたいのか?ということを突き詰めていくことなんです。それを先生方と話ながら、先生方や学校組織に意志がでてきて、変わっていくんです。

今いるじぶん未来クラブで、組織をどうやって創っていくかを勉強させてもらって、将来的には自分で何かできたらいいなと思っています。いまは、じぶん未来クラブの代表がライバルです!ワクワクして、人が喜んでくれることがどうやったらできるのかしか考えていない人なんです。エンターテイナー/プロデューサーとして、絶対に越えていきたい人の一人です。笑

あとは、海外の大学院にいって学び、学位を取ることも含めて、社会に還元できることが増えるのであればやるべきだな思っています。いまは、「教育」というよりは、「組織」「経営」がキーワードになっています。

【フェロー経験者登壇】プログラム説明会はこちらから

(編集後記)
音楽がなくても、即興で演劇をはじめてしまうような明るく開放的な性格の磯さん。「教育」であれ「組織」であれ「経営」であれ、「人」と向き合う姿勢を貫き通す彼女の今後が楽しみでなりません!

参考リンク
いつか、すべての子供たちに――「ティーチ・フォー・アメリカ」とそこで私が学んだこと|Amazon
ヤングアメリカンズ ジャパンツアー|NPO法人じぶん未来クラブ

\まずは情報収集したい方/


\本格的にエントリーしたい方/


関連記事