ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 教員になるには採用試験だけじゃない!意外と知られていない方法とは?

教員になるには採用試験だけじゃない!意外と知られていない方法とは?

教員になりたいのにどうしたら教員になれるのか悩んだことはないでしょうか?教員になるためには大学に通い直したり、通信教育を通じて教職課程を取る以外にも方法はあります!今回は一般的な教員への道に加え、教員資格認定試験や特別教員免許状の制度などを詳しく紹介いたします。

どうしたら教員になれる?

公立学校であれば、教職課程のある大学や通信教育を通して普通免許状を取得し、各都道府県や自治体が実施する採用試験に合格することが一般的です。私立学校の場合は免許状を取得した後、各学校法人が実施する採用試験等に合格し、採用されることが必要です。
ここからは、学校種別に免許状取得から採用されるまでの流れを詳しく確認していきましょう。

小学校教員

小学校教員になる一般的な流れとして、まず小学校教員の普通免許状を取得することが必要になります。普通免許状は大学院や大学、短期大学の教職課程を通じて単位を修得することによって得ることができます。普通免許状は全国で有効で、種類は下記の3つに分かれます。

(参照元:教員免許制度の概要|文部科学省

これらの免許状には大きな違いはなく、教員としての業務や給与が大きく変化するケースはほとんどないと言っていいでしょう。また、小学校は学級担任制を設けている学校がほとんどのため、全科目を担当することが原則として考えられます。

免許状取得後のフロー(東京都の場合)

(参照元:応募から採用までの流れ|東京都公立学校教員・免許案内

中学・高校教員

中学教員の普通免許状は、小学校教員と同様、専修・一種・二種に分かれていますが、高校教員の場合、専修と一種の2つがあります。そのため、高校教員免許状は短期大学での教職課程では取得することができません。一番大きな違いとして、中学・高校は教科担任制を導入しているため、主に免許状に定められた教科のみ教えることができます。

免許状取得後のフローも特に小学校教員と目立った違いはありません。担当教科の試験の他に教職教養や論文の試験があります。

教員に求められる資質・能力

では、教員にはどのような資質能力が求められているのでしょうか。文部科学省は、下記の4つの資質・能力を明示しています。

(引用元:教員に求められる資質能力について|文部科学省

現在は変化が激しい時代であり、主体性や思考力、問題解決力が児童・生徒だけではなく、教員にも求められるようになっています。これから教員を目指す方々には豊かな人間性適応力、学びの精神が求められるようになると考えられます。

やはり教職課程が必須?

学校種別に教員までの道を見てきましたが、やはり教員になるには大学に通い、教職課程を通して決まった単位を修得する方法が一般的です。しかし、教員になる方法は、教職課程の履修だけではありません。ここからは、意外と知られていない教員になる方法をご紹介します!

①教員資格認定試験

教員資格認定試験というのは、文部科学省、平成30年度からは独立行政法人教職員支援機構が実施する試験で、大学院、四年制大学、短期大学にて教職課程を履修していなくても幼稚園、小学校、特別支援学校の教員になることができる制度です。現在は、下記の3つが実施されています。

(参照元:教員資格認定試験|NITS独立行政法人教職員支援機構

試験の内容は教員採用試験と類似し、教職教養、専門教養の筆記試験の他に、実技試験、口述試験があります。受験資格は、高等学校を卒業した方ですので、大学に通わずに教員への道を開くことができる可能性があります。また、この試験を通して取得できる免許状は、二種免許状です。(※2019年度の試験の出願期間は既に終了しています。)

②特別免許状

特別免許状は普通免許状とは異なり、大学にて教職課程を履修した経験がなくても、担当する教科においての専門性が認められた方が授与される免許状です。小学校、中学校、高校の全ての教科について授与され、授与を受けた都道府県のみで有効です。したがって、小学校であっても教科ごとに授与され、特別免許状を所持する教科のみ教えることができます。

平成2年ではたった2件しかなかった特別免許状は、平成27年には215の授与件数にまで達しました。その背景には、教員の人手不足問題や海外からの外国人労働者の増加があると考えられます。

特別免許状取得までのフロー

(参照元:特別免許状とは|文部科学省

③Teach For Japan(以下、TFJ)のフェロー

TFJは、教育に対しての情熱や成長意欲を抱く学生や社会人の方を、独自に選考し、研修を重ね、フェロー(教員)として国内の公立小中学校に-赴任させるプログラムを行っています。応募の時点で教員免許状の有無は問わず、臨時免許状や特別免許状を利用し教員になることができます。

TFJフェローシップ・プログラムの詳細についてはこちら!

フェローシップ・プログラム「教室から世界を変える」

まとめ

大学での教職課程を通じて教員免許を取得する以外にも、教員になるためには、教員資格認定試験や、特別免許状制度、TFJのフェローシップ・プログラム等があることを今回は紹介しました。どの方法を選んだとしても教員になるのは決して簡単なことではありませんが、多様な制度を利用し、日本の教員不足問題や教育格差問題の解決へ繋げていきましょう!

参考
教員をめざそう!|文部科学省
教員免許制度の概要|文部科学省
応募から採用までの流れ|東京都公立学校教員・免許案内
教員に求められる資質能力について|文部科学省
教員資格認定試験|NITS独立行政法人教職員支援機構
特別免許状とは|文部科学省
TFJについて|Teach For Japan

【フェロー経験者登壇】プログラム説明会は
こちらから

関連記事