TFJについて

代表・松田のメッセージ

今こそ、同志たちと教育変革を。
すべての子どもたちに、時代を切り拓く力を。

高度成長期以降の日本は、その「成功モデル」を踏襲し、みんながある程度同じ方向に向かって進めば、豊かになっていく社会でした。しかし今、私たちはすでに先の見えない時代に突入しています。この先子どもたちが、このグローバルで複雑な世界を生き抜くためには、課題に直面した時に自分の頭で深く考え、他者を巻き込み、協働して問題解決していく能力が必要です。

すでに世界各地では、そんな「次世代教育」のための様々な教育の取り組みや改革が加速しています。一方、日本の学校現場は、学力レベルの低下、教員の多忙化など、多くの課題を抱えています。加えて、貧困や教育格差の問題も非常に大きな問題となってきています。実はOECD加盟国の中でも、日本は子どもの相対的貧困率が4番目に高い国なのです。

学校現場では、今こそ、これらの複雑で大きな課題を解決できる教師が求められています。

子どもの可能性を信じる。教えるのではなく、いっしょに学び、ハードルを一つずつ取りのぞき、半歩先を照らす。学習意欲が低い子どもに対しても、決してあきらめることなく、粘り強く信頼関係を構築しながら導いていく。そして、すべての子どもたちに、時代を切り拓いていく力を身につけてもらう。

Teach For Japanが採用し、教育現場に送り込むのは、それができる優秀かつ情熱のある人材ばかりです。そうした教師との出会いにより、子どもたちは高い質の教育を受けるとともに、自尊心を回復させ、前向きな気持ちで勉強に取り組むようになります。実は私自身も、中学時代に出会ったある教師の存在によって、人生を大きく変えることができました。

TFJのムーブメントは、持続する仕組みです。TFJの卒業生たちは、その後も教育だけでなく、ビジネス、政治や行政、さまざまな分野のリーダーとなって、教育の変革に取り組みます。 そして50年後、すべての子どもたちが自分の可能性を追求し、成長できる社会を実現します。 そのために、同志たちといっしょに、今日やるべき宿題にひとつずつ取り組んでいくだけです。

みなさんもいっしょに走りませんか? 「教室」でお待ちしています。

Teach For Japan
代表理事 / Founder
松田 悠介