Vision

私たちTeach For Japanはすべての子どもが、その子にとって素晴らしい教育を受けることができる世界の実現を目指します。

すべての子どもたちが素晴らしい教育を受けられる社会に

各種の国際的な調査では、日本の学校では、世界でも有数の質の高い教育が行われていると評価されています。教育に携わる人々にとって、私たちを含め、それは誇るべきことだと思います。

ですが、子どもたち一人一人のこと、そしてこれからの社会を考えたとき、解決すべき課題も少なくありません。生まれた環境や地域に関わらず、すべての子どもがその子にとって「素晴らしい」と思える教育を実現するためには、これから訪れる社会に目を凝らして、この子たちがどのようにしたら幸せに生きていけるのかと真剣に考え続ける教師や学校が必要になります。

私たちは、教育への情熱を持った人材を学校現場に紹介し、学校現場の先生方と協働することで、それぞれの教室でより良い教育を目指し、一人一人の子どもにとってすばらしい教育を提供できるよう、模索し続けます。

教室を、世界を変えていく出発点にするために

私たちは、学校の教室から世界を変えていきたいと考えています。なぜなら、すべての子どもたちが毎日のように通う場所、そしてそうであるがゆえにすべての子どもたちを支援しうる場所。そここそが、学校の教室だからです。

学校に配属された教師(フェロー)は、まずは、一教師として教室の子どもたちの学力や学習意欲、自己肯定感の向上を実現します。そして、その影響を一つの教室だけに留めることなく、赴任する学校や地域全体に拡げていくことをめざします。さらには、そうした好事例を多くの学校や地域で積み重ねていくことで、日本全体の教育の質を高めていきたいと考えています。

一方で、フェローシップ・プログラムによって与えられるインパクトは、それだけにとどまりません。幅広い経験を持った人材が学校現場で教師として、言い換えれば教育の当事者としての経験をすることで、学校や子どもたちに対して強い想いとリアリティを持った人材を多く輩出することにつながります。

彼ら・彼女らが、プログラムの修了後、教育現場で引き続き教師として実践に関わったり、さまざまなセクターで活躍したりすることで、教育をよりよくしようという議論やアイディア、ムーブメントが社会全体に拡がっていき、教育改革の実現をより確かなものにしていきます。

このように、教室から出発をし、すべての子どもたちの成長を支援し、地域や社会全体に対して教育改革に向かうインパクトを与えていくこと。それらがわたしたちがめざすものです。

■Teach For Japanがめざす社会的インパクト

短期的インパクト

学校現場へ派遣された教師(フェロー)たちは、児童・生徒の目標が達成できるような学習環境の提供に尽力します。

中期的インパクト

教師(フェロー)たちは、周りにいる教師たちとも「21世紀型教育」のスキルをシェアし、学校全体、地域全体での教育環境、教育レベルの向上を実現します。

長期的インパクト

教師(フェロー)たちは、2年間の学校勤務を経て、リーダーシップやマネジメント力といった力を身に付け、様々な立場で社会を巻き込んだ教育変革を実現します。