NEWS

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【イベントレポート】10月5日は #教師の日「先生いつもありがとう!」

【イベントレポート】10月5日は #教師の日「先生いつもありがとう!」

このリンクをSNSでシェア!!

10月5日は、ユネスコによって “World Teachers Day” と制定されており、先生に感謝を伝える日として普及しています。日本でも先生に感謝を伝える日として普及活動が行われています。そんな教師の日に向けて、10/2(土)に “Meet The Teachers” ~現場の最前線で頑張る先生方とともに、教育の未来を考える~という特別企画イベントを行いました!

オープニングMovieはこちら▼

当日は、小学校、中学校、高等学校、大学など、様々な校種の先生方に話題を提供していただき、先生と参加者の方で少人数のグループを作り、20分の対話セッションを3回行いました。

グループごとに話されていた内容は書ききれないほど多様ですが、一例をご紹介します。
・教師の魅力
・教育格差にどう立ち向かうか
・学校教育においてのタブーの境界線
・働き方改革
・学校のICT活用について
・イエナプラン教育
・コロナ禍でコミュニケーション能力をつけるには
などなど…

トータル90分間のイベントでしたが、参加者の方からは「もっと時間が欲しい」「もっとたくさんからのお話が聞きたかったです。」などの声が多く出る大盛況のイベントとなりました。また、限られた時間の中でご自身の実践や日々向き合い、考えていることを参加者の方々に情熱的に話す先生方の姿を見て、本当に素晴らしい先生方が、たくさん子どもたちに愛情を注いでくださっていると実感できる充実した時間でした!!

参加していただいた方からのアンケートも一部ご紹介させていただきます。(一部抜粋)

素晴らしい先生たちばかりでした。自分も頑張ろうって思えました。この先生方の取り組みや情熱を日本中にどんどん広げ、より多くの先生たち、児童・生徒たちを巻き込んでいってほしいなと思います。

大学の講義では学ぶことができないことを知れた。リアルな教育に日々向き合っておられる方、教育に興味がある方とお話しすることができて非常に有意義な時間でした。

いろんな気づきがあり、ノートがメモだらけになりました。貴重な機会をありがとうございました。

また、参加して下さった先生方からも多くの学びがあったという振り返りがありました。(アンケート一部抜粋)

教師以外の世界を知るという面白み。そして、それが教育とつながったらと思うとワクワク。

立場や職業が違う方々が学校というものに期待しているものに気付けたのは大きかったです。だからこそ学校は地域や保護者にもっともっと学級、学年便りや学校便りで発信する必要があるとわかりました。

学生さんや社会人の方などさまざまな方がいらっしゃいましたが、皆さん教師という職に憧れや尊敬などのポジティブな印象抱かれていらっしゃる方々だったからか、とても心地よい場であったなあと思いました。参加者の皆さんと共に学び、悩み、励まし合えたのは素敵な時間でした。

ネガティブなことが発信されがちな学校のこと、教育のことの中で、先生方は子どもたちひとり一人に日々向き合っています。その中で何を考え、何を感じ、どう行動しているか。1つの声掛け、1つの眼差し、1つの心配り。本当に一瞬一瞬、小さなことの積み重ねを私たちは見落としてはいけないと気付かせてくれる時間でした。Teach For Japanは、そんな素晴らしい先生方と協働して、日本の教育をもっともっと素晴らしいものにできるよう取り組む活動を今後も全力で進めていきます!!

お忙しい中、ご参加して下さった素敵な先生方↓

今後も、様々な視点からイベントを企画していきますので、ご興味ある方はぜひご参加ください!

お知らせ

お知らせ一覧

教師になる|Teach For Japan

\直接話を聞きたい方/