フェローシップ・プログラム募集要項(現職フェロー制度)

Teach For Japanでは、「すべての子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界の実現」というビジョン達成に向けて、今年度より新たな取り組みとして「現職フェロー制度」を実施することとなりました。
「現職フェロー制度」は、Teach For Japanが運営するフェローシップ・プログラムを、既に現役の教師として活躍される皆様にも開放することを通して、これまで形成してきた学びのコミュニティをより発展させ、一人ひとりが学習に関する専門性を高めていくことで、子どもたちにとってより良い学習環境を創出することを目指します。

現職教員の方向け募集要項(現職フェロー制度)

Teach For Japanでは、「すべての子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界の実現」というビジョン達成に向けて、今年度より新たな取り組みとして「現職フェロー制度」を実施することとなりました。
「現職フェロー制度」は、Teach For Japanが運営するフェローシップ・プログラムを、既に現役の教師として活躍される皆様にも開放することを通して、これまで形成してきた学びのコミュニティをより発展させ、一人ひとりが学習に関する専門性を高めていくことで、子どもたちにとってより良い学習環境を創出することを目指します。

・自身のこれまでの実践を改めて見つめ直し、理論と結びつけていきたい
・「主体的・対話的で深い学び」や新たな学びのあり方について探究したい
・脳神経科学にもとづいたWell-beingや学習科学の知見を取り入れた教員研修に興味がある
・多様なバックグラウンドの仲間と学び合う環境が欲しい
・学校外や海外とのネットワークを活用し、学校と社会をつなぎたい

上記のような方はぜひプログラムへの参加をご検討ください。説明会にて、お待ちしております!

<お問い合わせ>
本件に関するご質問は、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
recruiting@teachforjapan.org
※現職の正規教員以外の方は、こちらのフェローシップ・プログラム募集要項をご確認ください。

募集期間

現職フェロー制度のエントリー受付期間は、以下を予定しております。8月20日(金)23時59分までに、エントリーシートをご提出ください。

募集期間:2021年7月5日(月)~ 8月20日(金)23時59分

エントリー / 選考の流れ

①説明会 or  個別相談会へのご参加
本プログラムにご興味をお持ちの方は、まずは説明会にご参加ください。本取り組みは今回が初めてのものとなりますので、エントリー前の説明会もしくは個別相談会への参加を必須にさせていただいております。日程が合わず説明会への参加が難しい場合のみ、個別相談会を実施させていただきます。

【説明会日程】※両日程、同様の内容となります。
2021年7月25日(日)19:00-20:00
2021年8月4日(水)20:00-21:00

▼説明会・個別相談会申込みフォーム
https://forms.gle/CawZURLxuMnX81sa9

②エントリーシートの提出(1次選考)
以下のリンク(Googleフォーム)にアクセスしていただき、必要事項を記入の上ご提出ください。内容を確認させていただき、ご提出日から1週間以内に1次選考の合否をメールにて通知いたします。

▼エントリーシート
https://forms.gle/nANYMbXVMjt9RCvK6

③個別面談(2次選考)
1次選考を通過された方には、個別面談のご案内をお送りさせていただきます。日程調整の上面談を実施し、面談後、1週間ほどで合否を通知いたします。合格を受諾された方は、9月より研修にご参加いただきます。
※選考の経緯・決定理由についての個別のお問い合わせには応じかねますこと、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
※選考のプロセスは変更になる可能性がございますことご了承ください。

対象 / 応募の条件

・以下に挙げる都道府県にある小中学校にて、教諭[=教員採用試験の合格を通じて採用されている正規の教員]として勤務している方。
(経験年数は問いません)
東京都・埼玉県・神奈川県・石川県・大阪府・奈良県・広島県・福岡県・長崎県・熊本県・大分県
※上記は、現在Teach For Japanのフェローが赴任している都道府県になります。

・Teach For Japanの行動指針にもとづいて活動できる方

<行動指針>
ー可能性を信じること
ー教室に根ざし、社会に開くこと
ー学習者であり続けること
ー自他を尊重すること
ー協働すること

・下記のプログラムに継続して参加することが可能な方

プログラムの概要

期間実施形態主な内容
2021年9月〜2022年3月(7ヶ月間)・オンライン研修(週1回、月曜or日曜 20:00〜)・地域別集合研修(月1回、原則第一日曜日を予定)・学習科学の知見を取り入れた授業デザイン講座・脳神経科学をもとにしたwell-being講座・自己理解やビジョンを深めるセッションなど
2022年4月〜2024年3月(2年間)・月1回の任意参加研修・月1回の実践レポート・年間3回の地域別集合研修(学期に1回を予定)・現場での自身の実践を持ち寄ってのディスカッション・「良い授業」のデザイン原則の構築・理論と実践を結びつけるための対話の機会など

※通常のフェローシップ・プログラム参加者と同じ研修を受講いただくことになります。従って、教員を目指しながら現在は異業種に勤める社会人や大学生等、教職未経験の多様な方々と学びを深めていただきます。
※現在雇用されている自治体での勤務を継続したままご参加いただきます。

研修費用について

・研修は全て無償となりますが、課題図書の購入や集合研修の会場への交通費については、各自でご負担いただきます。
・オンライン研修では、安定したネット環境とPCまたはタブレット端末を各自ご準備いただく必要がございます。

よくあるご質問

Q:教諭ではなく、助教諭なのですが応募することはできますか。
A:今回の制度は、教諭[=教員採用試験の合格を通じて採用されている正規の教員]として勤務している方のみを対象としております。

Q:高等学校の教諭なのですが、応募することはできますか。
A:小中学校に勤務されている方が対象となります。

Q:地域別集合研修はどこで実施されますか。
A:東京、大阪、福岡の3拠点を予定しています。また、状況によりオンラインになることもございます。

Q:選考内容はどのようなものですか
A:エントリーシートの提出(一次選考)と面談(二次選考)がございます。エントリーシートには、志望動機や教師、学びに関するご自身のお考えを記述いただく内容が含まれます。

Q:年齢制限はありますか。
A:年齢制限は設けておりません。

Q:現在の正規教員としての雇用形態に影響はありますか。
A:ございません。

※現職の正規教員以外の方は、こちらのフェローシップ・プログラム募集要項をご確認ください。