フェローシップ・プログラム募集要項

認定特定非営利活動法人Teach For Japanは、すべての子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界の実現をするため、教育への情熱のある方を選考・研修し、2年間学校現場に教師として配置するフェローシップ・プログラムを運営しています。

\「いま」飛び込む/

※現職正規教員の方は、こちらのフェローシップ・プログラム募集要項(現職フェロー制度)をご確認ください。

募集期間

第10期フェローの募集期間は、以下を予定しております。

【春募集①】
エントリー受付期間:2021年1月12日(火)~3月7日(日)23時59分
※終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【春募集②】
エントリー受付期間:2021年4月1日(木)~5月31日(月)23時59分
※終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【夏募集】
エントリー受付期間:2021年6月21日(月)~ 7月31日(土)23時59分

※終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
※当初予定していた、夏募集②(2021年8月1日(日)~ 9月5日(日)23時59分)は実施せず、夏募集は上記の期間のみになりました。

【秋冬募集】
エントリー受付期間:2021年10月11日(月)~12月5日(日)23時59分

エントリーの流れ

①エントリーシートの提出
エントリーシートはウェブサイトにあるGoogleフォームからの入力となります。また、1分間の動画(テーマ「志望動機」)をYouTubeにアップロードしていただきリンクをエントリーシート内に貼り付けていただきます。

②課題/学力テストご案内メールの受信
エントリーシートの提出が完了した方には、メールにて課題と学力テストが送付されます。
(課題内容①:新学習指導要領で求められる「主体的・対話的で深い学び」とはどのようなものであるかについて、なぜそのような学びが求められるようになったのかという点についても触れながら、ご自身の言葉で400字を目安として記述してください。)
(課題内容②:新学習指導要領の基本理念である「社会に開かれた教育課程」の実現に向けて、フェローとしてどのような取り組みやチャレンジをしていきたいかについて、ご自身の言葉で400字を目安として記述してください。)

③課題提出と学力テストの受験
課題提出と学力テストの受験ををもってエントリー完了となります。ご案内メールをご確認の上、必ず、エントリー締め切りまでにご対応いただきますようお願い致します。

※エントリーのプロセスは変更になる可能性がございます。

選考の流れ

①一次選考(書類審査)
エントリーが完了した方のエントリーシート(動画を含む)と課題の内容を審査します。

②一次選考の合否通知送付
一次選考の合格者には二次選考の案内メールが送付されます。(不合格者にも不合格のメールが送付されます。)

③二次選考(選考会)
二次選考の日程は応募期間によって異なります。
春募集①3月中旬~3月下旬
春募集②6月上旬〜6月中旬
夏募集 8月上旬〜8月中旬
・秋冬募集12月中旬~12月下旬
※春募集①②、夏募集はすでに終了しております。たくさんのご応募ありがとうございました。
二次選考の日程及び詳細は、一次選考通過後にお知らせします。
二次選考では、グループワーク・面談等を行う予定です。なお、二次選考はオンラインで行う予定です。
また、選考内容の詳細に関するご質問にはお答えできかねますこと予めご了承ください。

④二次選考の合否通知送付
選考会後1週間ほどで合否の通知いたします。内定を受諾された方は赴任前研修にご参加いただき、赴任の準備をしていただきます。

※選考の経緯・決定理由についての個別のお問い合わせには応じかねますこと、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。
※選考のプロセスは変更になる可能性がございます。

応募の条件

・2022年3月末までに、国内外の4年制大学・大学院を卒業・修了(見込み)の方。
・合格受諾後、赴任前研修に参加できること。
(仕事や学業の都合についてご心配な方は選考会の面談時にご相談ください)
・応募時点での教員免許状の有無は問いません。
 ※2022年3月末に教員免許を取得見込みの方はもちろん、現在教員免許を持っていない方、取得予定がない方でも、ご応募いただけます。(教員免許をお持ちでない方の場合は、臨時免許状や特別免許状などの制度を活用していただくことになります)
小学校外国語専科、中学校英語科での赴任を希望する場合は、教員免許の有無を問わずCEFRのB2以上のスコアが必須となります。
 ※CEFRについては、各資格・検定試験とCEFRとの対照表をご確認ください。
・国籍は問いませんが、日本語ネイティブレベルの方
地方公務員法第 16 条及び学校教育法第 9 条の欠格条項に該当しない方

募集枠

【募集枠】
公立小中学校教員(教科不問)

【赴任エリア】
Teach For Japanが連携する教育委員会が管轄する公立小中学校

待遇・福利厚生など

フェローシップ・プログラム期間の2年間は赴任先の自治体に雇用され、Teach For Japanとの雇用関係が発生するわけではありません。そのため原則として、待遇・福利厚生などは雇用主となる赴任先の自治体の常勤講師としての規定に従います。

プレエントリー

ご応募をご検討中の皆さまには、プレエントリーをお願いしております。(エントリーされる方は不要です。)本プログラムの情報を随時お伝えしておりますので、お気軽にご登録ください。

\詳しく知りたい方/

説明会・イベント

フェローシップ・プログラム募集期間中は、毎週説明会をオンラインで行っております。また、フェロー経験者の話が聞けるフェローセッションやTeach For Allのグローバルネットワークを活かしたイベントなど様々な切り口からTeach For Japanの理解を深めていただく機会を設けておりますので、ぜひご覧ください。

\直接話を聞きたい方/

よくある質問

皆様から良くいただく質問は、こちらにまとめて掲載しております。

\まずはこちらを確認/

\「いま」飛び込む/

お問い合わせ

問い合わせ先:Teach For Japan事務局(選考担当宛)
電話:03-6435-8031
メール: recruiting@teachforjapan.org
※現職正規教員の方は、こちらのフェローシップ・プログラム募集要項(現職フェロー制度)をご確認ください。