フェローシッププログラム

フェローシップ・プログラムの仕組み

以下のような仕組みで、自治体との連携に基いて教師(フェロー)の選抜から、事前の研修、サポート、そしてプログラムの修了後の支援を行います。学校教育の質を高め、また、教育に当事者意識を持つ方を増やし、社会全体で教育課題の解決に臨めるようにすることが、プログラムの目的です。

プログラムへの参加について

選考を受け、研修を経て教壇に。プログラムでは、修了後までを視野に入れて設計しています。

選考通過後、研修を経て、学校現場に赴任していただきます。赴任してから2年間、教師(フェロー)には無償での支援を行います。そして、プログラム修了後も、OB・OGのネットワーキングが構築され、お互いのリソースを共有し合うコミュニティをつくることを意図しています。

①選考

書類・動画審査、選考会(グループワーク/個人面接)が行われます。
詳しくはこちら

②採用・フェロー認定

能力や適性、教育への課題意識などを総合的に判断し、TFJが教師(フェロー)にふさわしいと認めた方は、4月に学校に派遣されることを前提としてフェローに認定いたします。
詳しくはこちら

③研修

選考を通過した応募者は、フェロー認定後から事前課題に取り組みます。赴任前研修(無償)に参加し、基本的な指導スキル、リーダーシップに関する知識、考え方、技能などを学習します。
詳しくはこちら

④赴任期間中

赴任開始から2年間は、継続的な支援を無償で提供します。教師として、リーダーとして、優れた能力を十分に発揮するための研修やコーチング、授業観察に基づくフィードバック等を提供します。
詳しくはこちら

⑤プログラムの修了生

2年間のプログラム修了後は、各フェローはさまざまな進路を選択します。TFJは修了生たちのキャリア開発とネットワーキングを支援します。
詳しくはこちら