TFJからのメッセージ

header-02

常勤講師として、多様な経験と教育への情熱を持った
TFJのフェローを活用してみませんか

常勤講師の質と量の確保は、多くの自治体で重要な課題の一つとなっています。その背景には、教員採用試験の倍率そのものが低下傾向にあり、教員志望者が以前よりも少なくなっているため、講師になりうる方がこれまでよりも少なくなってきていることが挙げられるでしょう。

しかし、一方では、地域や保護者から学校教育に求められるものの水準は高くなってきています。実際、常勤講師の方にも、一定以上の授業力や生活指導や生徒指導を行う力が、当然のように必要とされています。また、教師が行うべき業務が増加し続ける中では、それらを効率的に行う事務処理能力や、同僚としてうまく協働できる十分なコミュニケーション能力なども求められます。

このように、常勤講師には、教師としても学校という組織の一員としても、その資質や能力が極めて重視されるべきであるにもかかわらず、需要について事前に正確な予測をすることは難しく、短期間のうちに、まずは条件に合致する人材を確保する必要があります。これが常勤講師の採用の難しさであることは、多くの学校教育関係者からうかがっているところです。

こうした課題に対し、TFJでは、独自の選抜によって教師として・組織の一員としての資質や能力はもちろんのこと、多様な経験と教育への情熱を持った人物を教師(フェロー)として採用し、研修を経たうえで赴任をさせるため、一定以上の「質」を担保した人物を紹介させていただくことが可能です。

 

新しい教育実践などの試みや、教員採用・研修体系の
見直しを協働で行うことで、新たな知見と明確な指針を

TFJがお手伝いをさせていただけるのは、常勤講師の採用に関してだけではありません。例えば、新しい教育実践を行ってみたい、あるいは、既存の教員採用や研修体系について見直したいとお考えの場合、TFJが蓄積した知見やノウハウを提供することや、あるいは連携している教育関係者・研究機関等との協働を行うことが可能になります。それによって、それらを単独で行った場合に比べて、短期間で具体的な成果を得られる可能性を高めることができます。

実際に、すでに一線で活躍している大学の研究者と自治体とTFJの協働によって、教育の効果測定に関するプロジェクトが進んでいます。このプロジェクトでは、NPOならではの機動性とネットワークや支援をしてくださっている団体・企業さまからのリソース、そして、多様な人材を学校現場に派遣してきた実績を結集し、新たな知見と明確な指針とをめざしています。

私たちは、日本の教育への志を同じくし、かつ、地域の教育をよりよくしていきたいとの思いをお持ちの方と、同じ思いと目的のもとで協働させていただけることを、心から願っています。ご興味・ご関心を持っていただけましたら、是非ともご連絡をいただけますと幸いです。

連絡先:info@teachforjapan.org