• twitter
  • Facebook
  • 教師に応募する
  • お問い合わせ

赴任前研修

赴任前研修

研修の概要

フェロー認定をされた方を対象に、赴任までに行われる研修は大きく分けて3つがあります。1つ目は、TFJ事務局が課す事前課題。2つ目は、週末を中心に行われる集合型の研修。3つ目は、4月の赴任直前である2月下旬から3月下旬にかけて約3週間行われる合宿型の集合研修。TFJではこれら3つの研修を行って、実践力を向上させるための教師に不可欠な知識の十分なインプットと模擬授業などを組み合わせ、最適な形で設計を行っています。

事前課題

事前課題

教壇に立って子どもたちの指導を行う上で必要となってくる知識や教師としての心構えなどを身に付けるため、TFJで指定する教育に関係する図書を読んでレポートを提出させたり、公立学校が行っている学習支援への参加を促すなどして、子どもたちに学習指導を行う経験を積んでいただきます。

事前研修

その時点でフェロー認定を受けている方たちを集めて、週末などを中心に、1日ないしは1泊2日程度の集合研修を行います。すでに学校現場で活躍している教師(フェロー)を招いて教師の仕事や学校現場の実態について詳しく知り、教師になるための心構えを身につけたり、授業を行う基礎となる学習指導案の書き方を学んだりします。また、フェロー認定を受けている「内定者」どうしが顔を合わせることで、TFJで提供する研修機会以外にも内定者による自主的な勉強会を開催し、学びの機会が増加し、学習するコミュニティ形成が促進されます。

事前研修

赴任前研修(合宿型集合研修)

約3週間、文字通り朝から夜まで合宿形式で行われる研修です。指導のための基本的なスキルからリーダーシップなどについて、外部から講師を招いての講義や、教師として自身が実現していきたいことを明確にするためのワークショップ、教師にとって何よりも重要な授業をブラッシュアップしていくために、模擬授業を行ってフィードバックなどを行います。研修の体系は、Teach For Americaで蓄積されたノウハウ(=「Teaching As Leadership Framework*」)がベースになっています。

*Teach For America で実績を上げた教師たちの行動をまとめたものであり、以下の6つのフレームワークに分かれています。
1)大きな目標を立てる 2)児童・生徒やその家族を本気で取り組ませる。 3)目的を持って計画を立てる
4)効果的に行動する 5)効果を追求し続ける 6)弛まぬ努力をする

リーダーシップ/対人関係構築能力

「Teaching As Leadership Framework」との対応:
大きな目標を立てる/児童生徒やその家族を本気で取り組ませる

教師としての指導力

「Teaching As Leadership Framework」との対応:
目的を持って計画を立てる/効果的に行動する

自己改善能力、自己管理力

「Teaching As Leadership Framework」との対応:
効果を追求し続ける/弛まぬ努力をする

研修講師の紹介(一部抜粋)

2015年2月~3月に行われた合宿型研修では、 以下のような優れた専門家の方たちが、講義や実践、模擬授業のフィードバックなどに当たってくださいました。

廣水 乃生
コミュニティファシリテーション研究所代表

廣水 乃生

東京学芸大学大学院教育学研究科修了後、7年間、教師を務める。その後、米国プロセスワーク研究所にて葛藤解決・組織変革ファシリテーションマスターコース修了、帰国後コミュニティファシリテーション研究所を設立。
担当:「模擬授業」「児童・生徒指導」

菊池 省三
元・北九州市立小学校教諭

菊池 省三

山口大学教育学部卒業後、小学校教諭となる。文部科学省「『熟議』に基づく教育政策形成の在り方に関する懇談会」委員。著書多数。2012年にNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演、大反響を呼ぶ。
担当:「学び合い・子どもの成長を促す授業」

野口 晃菜
株式会社LITALICO

野口 晃菜

中学・高校はアメリカで過ごす。その後、筑波大学で障害児教育を学び、現在はLITALICOで勤務する傍ら、大学院の博士課程に在学中。
担当:「インクルーシブ教育におけるユニバーサルデザイン」

赤坂 真二
上越教育大学教授

赤坂 真二

新潟大学教育学部卒、上越教育大学大学院修士課程修了。その後、「学級づくり改革」セミナーを立ち上げ、年間数十回の講演を実施して全国行脚。19年間の小学校教諭を経て2008年4月から現職。
担当:「学級の『荒れ』を予防する」

安河内 哲也
(財)実用英語推進機構 代表理事

安河内 哲也

文部科学省「英語教育に関する有識者会議」委員、東京都「英語村に関する有識者会議」委員、東進ハイスクール・ビジネススクール英語科講師。1967年生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒。
担当:「子どもを惹きつける授業の工夫」

高尾 隆
東京学芸大学演劇分野准教授

高尾 隆

東京大学文学部卒、一橋大学院社会学研究科博士課程修了。公立中学校吹奏楽部の指導にあたりながら実践と研究を進めている。著書に「インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか」「ドラマ教育入門」など。
担当:「演劇教育」

田中 満公子
大阪教育大学大学院准教授

田中 満公子

大阪府で公立高校の教師として勤務し、教育委員会への勤務や府立三国丘高校校長などを経て、退職。2015年4月からは、大阪教育大学大学院でスクールリーダーの育成に当たる。
担当:「模擬授業」「校長先生から新任教師へのメッセージ」

高畑 脩平
奈良県総合リハビリテーションセンター 作業療法士

高畑 脩平

京都大学医学部保健学科作業療法学専攻卒業後、奈良教育大学大学院で特別支援教育を学ぶ。
担当:「特別支援教育」

■その他の選考プロセス