プログラム期間中のサポート

プログラム期間中のサポート

2年間、TFJが定期的な支援を行って、
各自の目標達成やビジョンの実現を支援いたします。

赴任開始から2年間、継続的に、TFJのプログラムマネージャーや専門家によって、無償でさまざまな個別のサポートを受けることができます。教室で教師として優れた能力を十分に発揮してもらうため、具体的には、研修やコーチング、授業観察のフィードバック等の機会を提供します。また、週末や長期休暇の期間を利用して、集合型の研修によってフェロー同士の報告会を行ったり、自身の実践の振り返りやインプットの機会を設けたりすることもあります。

1対1によるサポート

教師(フェロー)は、担当のプログラムマネージャーが責任を持ってサポートに当たります。課題やニーズに応じては、外部の専門家のアドバイスをアサインし、サポートを受けられるようにもしています。

定期的に行うコーチングやメンタリング

定期的に行うコーチングやメンタリング

TFJの職員が、1ヶ月に1、2回程度、電話やスカイプ、対面によってコーチングやメンタリングを行います。

授業見学およびフィードバック

授業見学およびフィードバック

TFJの職員やアドバイザーが、学校現場でのフェローの指導の様子を見学した上で、対面での助言や指導を行い、セミナーおよび研修の内容の見直しを行います。

集合型のサポート

TFJで教師(フェロー)になることのメリットは、志が同じであり多様な経験・スキルを持った人材によってコミュニティ形成がなされること。また、教師(フェロー)は全国各地のさまざまな課題を抱えた学校への赴任をしています。それぞれが学校現場での経験を共有し、相互にフィードバックを行えるように、定期的に教師(フェロー)とスタッフとが顔を合わせる機会を設けます。

セミナーや研修会の開催

セミナーや研修会の開催

1ヶ月に1回程度の頻度で、週末や長期休暇の期間を利用して、フェローの課題に合わせたセミナーや研修を行います。

フェロー同士の相互学習のサポート

フェロー同士の相互学習のサポート

フェロー同士が指導実践の知見を共有し、成長し合えるよう、定期的な集まりを企画します。また適宜、必要な資料・ツールを提供します。

■その他の選考プロセス