• twitter
  • Facebook
  • 教師に応募する
  • お問い合わせ

【第2期フェロー中田さん・後編】Teach For Japanは人生の中で出会いたかった人を凝縮させたような環境だった

2017/1/11 TFJフェロー

今回は第2期フェローとして大阪の中学校で勤務されたのち、現在はマレーシアの教育機関で新たな社会課題解決のため奮闘している中田さんにインタビューを行いました。後編では、深刻な現場で奮闘することにより得られたもの、そしてその後のキャリアをどう構築しているかについて伺いました。


《プロフィール》
大学卒業後、韓国の高校で日本語と英語の教師として勤務。帰国後、神戸大学大学院国際協力研究科とKorea University 国際大学院でダブルディグリーを取得。ホームレス問題をはじめとする貧困問題や不法滞在者などの社会的弱者について研究。犯罪や貧困問題を根本から解決したいという思いから、2014年フェローとなった。プログラムを終え現在は、マレーシアに渡り大使館付属の教育機関にて働いている。多文化社会、平和、貧困をキーワードにより良い社会を実現するための方法を模索している。

苦しい場面を乗り越える力
常に原点に立ち返る姿勢が身についた

フェローとして子供に向き合うことで得られたものは何ですか?

子供は大人に比べて、素直な気持ちを出すことができるし、発想が豊かです。そこから自分が教えられることも多かったです。嘘がないので、自分の本当の人間性が問われることになります。自分にとって本当に大事なことは何なのか、いま何のためにここにいるのか、について考える機会が多くありました。

 

また自分が社会問題を解決したいと思っている中で、子供たちの変化はとても早いです。子供が変われば保護者も変わりますから、子供に関わり続けることが結果的に大きなインパクトを与えるのだということがわかりました。

 

中学生であれば友達との関係でつまづいている子がいたりします。その時自分が声かけをすることで、将来同じ状況に出会った時自力で乗り越えたり、他の人を導いたりすることができる存在になるのではと思うと、やりがいがありましたね。


赴任期間後、現在のキャリアを選んだ理由を教えてください。

現在は、マレーシアの日本大使館付属の教育機関で働いています。なぜそのキャリアを選んだかと言うと、まず1つ目にはマレーシアという国が様々な文化を受け入れていますから、そのマルチカルチャーの中でどのような教育がなされているのかを自分の目で見てみたいという思いがあったからです。また2つ目として、裕福な家庭の子供、つまりフェローで携わった層とはある意味真逆の子供たちを見ることで、自分が今後社会問題を解決していこうとする時どの層にアプローチするのが最も効果があるのかを確かめたいという思いがありました。

 

「やはり現場だ」と思えば、将来現場に戻ることもあるだろうとは思います。しかし今の段階では、教育という軸は変わらないものの、政策などのレベルであったり世界全体をつなげて平和構築をしたりといった方向で活躍したいと考えており、その実現にむけていまマレーシアでチャレンジしている状態です。


フェローとしての経験はどのように生かされていますか?

非常に生かされています。たとえば自分が辛い時に乗り越える力が身についたことが挙げられます。こちらではしんどい環境にいる人が少ない代わりに、人を蹴り落とそうとするような人も正直いるのです。職場の中にも、子供たちの成長を真剣に考えて就いたわけではなく、収入など条件面で就いたという人も多くいて、その中でやりづらくなって職場を離れてしまう人もいます。

 

自分の場合はしんどくても、本当にやりたいことは何だったか、フェロー時代にはしんどいことをどうやって乗り越えていたか、周りを動かすためにはどう行動したらいいか、と考え直すことで挑戦し続けることができていると思います。


フェロー応募を検討している方に伝えたいことはありますか。

Teach For Japanを通じて出会った人たちは、私が人生の中で出会いたかった人たちを凝縮したような人たちでした。フェローに興味をもって応募しようか悩んでいる人は、何か自分のやりたいことが心の中にあるのだと思います。そのやりたいことをTeach For Japanにいる人にぶつけてみてください。そして自分がやりたいことが叶いそうだと感じたら、それは信じていいと思います。

 

社会の中で働いていく中で、信念を持った人にどれくらい出会えるでしょうか。自分が理想とする職場に行ったとして、心からその仕事がやりたくて来た、という人ばかりではないかもしれません。しかしTeach For Japanに集まっている人は、自分に使命を感じていて、それを達成するために行動してきた人が多いのです。このような人に会えるのは非常に貴重だと思います。

 

以前ロサンゼルスに代表として行ったとき、40カ国のTeach For ALLの先生方とお会いしました。そこで、思いは国を超えて共通しているのだということを感じることができました。また、自分は世界のメンバーの一部を担っているのだという実感を得ることもできました。


逆に、今だから言えることや、アドバイスはありますか?

正直いうと、フェロー修了後の就職支援は充実しているとは言えないと思います。フェロー期間の始まる前くらいから、自分は2年間でこ何を吸収して次になにをするのか、については考えておいた方がいいと思います。多くの人と出会う機会があるので、その中で次にやることを見つける人もいますが、やはり2年間突っ走るだけ突っ走って終わってしまう人もいます。

 

私は修了間際まであまり考えておらず、結局大学院時代の先輩に現在の仕事を斡旋してもらっています。ですから赴任前の少し余裕のある段階で、次のステップについては頭の片隅で考えておくべきだと思います。


最後に一言お願いします。

とにかく少しでも興味があるのであれば、まずはTeach For Japanに関わる人と話してみてください。かけがえのない出会いにつながるかもしれませんよ。応援しています。

 



常に全力で自分の思いを体現しようとする中田さんの姿に、インタビュアーも惹かれてしまいました。素敵なメンバーに出会いに、ぜひフェロー応募を検討してみてくださいね。

 

フェローシップ・プログラムの詳細はこちら

http://teachforjapan.org/fellow