• twitter
  • Facebook
  • 教師に応募する
  • お問い合わせ

【教育の最前線から③】中学校英語教員 長村フェロー 最終章

2015/10/27 TFJフェロー

塾講師や海外青年協力隊、NGOでの活動を経て、TFJのフェローとして英語教師に。

 

福岡県の中学校に英語教員として派遣されている長村先生のお話を、前編・後編に渡ってお届けしました。今回は、長村先生を受け入れてくださっている教育委員会の桑原様からメッセージを頂きました。

 

 

【自治体より】

 

[フェローを迎えて下さる教育現場の声]

飯塚市教育委員会 主任指導主事 桑原 昭佳 様 

 

 

長村先生10

飯塚市教育委員会では、学力の向上を重点課題に掲げ、未来の飯塚市を担う「かしこく」「やさしく」「たくましい」子どもの育成をめざしています。

 

飯塚市がTeach For Japanの先生方を受け入れたのは、「すべての子どもが素晴らしい教育を受けることができる社会の実現を目指す。」というTFJの将来展望と「子どもの可能性を信じる。教えるのではなく、いっしょに学び、ハードルを一つずつ取り除き、半歩先を照らす。」という松田代表のメッセージに賛同したからです。そして、

この理念のもと、TFJの先生方が、飯塚市の先生方とともに子どもたちの教育活動をすすめることができれば、めざす子ども像を達成できると考えたからです。

 

現在、本市では、3人のTFJの先生方が教壇に立っています。

先生方の授業では、「わからせてあげたい。」「できるようにしたい。」という熱い思いが伝わってきます。校長先生方からは、「子どもの見方・接し方、仕事に対する姿勢が素晴らしい。」「ずっと本校で活躍してもらいたい。」等、の言葉を

いただいております。

 

3人の先生方を含む飯塚市のすべての先生方は、「すべては子どものたちのために」を合言葉に、子どもたちに深い愛情を注いでいます。確実に「かしこく」「やさしく」「たくましい」子どもが育っています。

今後も、長村先生他お二人のように、「教職に対する強い情熱」「教育の専門家としての確かな力量」「総合的な人間力」を備えた先生の派遣を期待します。

 

ーーー桑原様、素敵なメッセージを頂き、ありがとうございました!