すべての子どもが、成長できる「教室」 Teach For JAPAN

第6期フェロー募集要項

認定特定非営利活動法人Teach For Japanは、
素晴らしい教育を受ける機会をより多くの子どもたちに広めるため、
教育への意欲と情熱のある方を選抜・採用し、研修と支援を行っています。
2018年4月から教育現場に赴任する第6期フェローの募集要項は以下のとおりです。

選考の日程

【第2回エントリー締切】
2017年5月15日(月)〜6月18日(日)23:59
【書類選考】
エントリーいただいてから約1週間以内に結果をご連絡します。
【電話インタビュー】
個別にご案内いたします。
【1次選考会】
個別にご案内いたします。
【2次選考会】
7月22日(土)もしくは7月23日(日)を予定
【内定通知】
7月下旬を予定
【内定後の予定】
  • 2017年11月〜12月 内定者研修を毎月1〜2回実施予定
  • 2018年2月下旬〜3月中旬 合宿型研修実施予定
  • 2018年4月 学校へ赴任

※第3回エントリーについては改めて発表いたします。

※ご応募の状況次第で募集を締め切る場合がございますので、ご了承ください。

エントリーフォームからご登録をお願いします。

応募の条件

  • 2018年3月末までに、国内外の4年制大学・大学院を卒業・修了(見込み)の方。
  • フェロー認定後、適宜実施される事前研修や事前課題に取り組めること。
    (選考のプロセスにて、現在の業務のご状況等おうかがいします。業務上、またはその他やむを得ない事情がある場合にはご相談ください。)
  • 2018年2月下旬から3月下旬にかけて都内等で開催される約3週間の赴任前研修に、原則として全日程参加可能なこと。研修の日程については、選考のプロセスにてお伝えいたします。
  • 応募時点での教員免許状の有無は問いません。

※2018年3月末に教員免許を取得見込みの方はもちろん、現在教員免許を持っていない、またはその予定がない方でも、教師にご応募いただくことが可能です。(免許をお持ちでない方の場合は、臨時免許状や特別免許状などの制度を活用していただくことになります)

※現役の学校教員の方は、合宿型研修に参加するため、お勤めの学校現場を離れることになってしまうという観点より、原則ご応募をいただくことができません。

募集枠・人数

【募集枠】
  • 小学校(全科)
  • 中学校(英語)
上記のいずれかの枠にてご応募ください。上記の枠に該当する教員免許状をお持ちでない方でもご応募いただけます。
【募集人数】
・約30名
【赴任エリア】
関東・関西・九州などを予定
※ご希望やご事情を伺い、できるだけご意向に添えるよう努力いたしますが、希望に沿えない場合もございます。
また、連携する教育委員会はいくつかの自治体に限定しており、転居を伴う可能性がありますことについて、予めご承知おきください。
 

待遇・福利厚生など

【待遇】
給与・賞与とも、赴任先の自治体の常勤講師としての規定に従います。
年齢・職歴・資格等に応じて上下します。
【福利厚生】
  • 原則として、雇用主となる赴任先の自治体の常勤講師としての規定に従います。
  • Teach For Japanのフェロー(教師)として、自治体の規定と別に、例えば以下のような支援を無償で受けることが可能です。
    • 赴任前の合宿型研修にかかる食費、宿泊費、交通費、研修受講費
    • 赴任から2年間にわたるトレーニング、コーチングにかかる費用
    • Teach For Japanが指定するイベントの参加にかかる交通費
    • フェロー期間終了後に海外大学院への留学を希望する方を対象に、株式会社アゴス・ジャパン(本社・東京都渋谷区)との連携により、授業料減免(最大で全額免除)等の支援が受けられる特別特待生枠をご用意しています。ただし、Teach For Japanにおける選考がございます。

その他

教師として2年間学校に赴任し、場合によっては学級担任として子どもたちの学習機会を大きく左右するするというプログラムの特性上、内定後から赴任までは、Teach For Japan事務局が行ったり指定したりする研修以外にも、さまざまな学習や学習機会への積極的な参加が求められます。こうした点は、一般的な転職等と大きく異なるものであることをご理解の上でご応募ください。

お問い合わせ

Teach For Japan事務局(採用担当宛)
Tel: 03-6435-8031
e-mail: recruiting[at]teachforjapan.org([at]を@にしてお送りください)