すべての子どもが、成長できる「教室」 Teach For JAPAN

説明会・イベント情報

2018.09.27開催

【緊急特別開催in福岡】代表・松田登壇「教室から社会を変える」プログラム説明会

<代表・松田悠介登壇>

Teach For Japanでは、「すべての子どもが成長できる教室」というビジョンを掲げ、「教室から社会を変える」というミッションのもとに、フェローシップ・プログラムを運営しています。

フェローシップ・プログラムとは、Teach For Japanで選考した方を公立学校に常勤講師として紹介し、2年間赴任していただくプログラムです。プログラム期間は免許を持っていない方でも公立学校の教員として働くことが可能です。

教育への情熱を持ち、リーダーシップを活かして学校現場や子どもたちが抱える問題に向き合い、課題解決に臨んでくれる仲間を募集しています!

日時 2018年9月27日(木)
場所 〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4-22 新日本ビル3F OnRAMP内
当日の内容
  • Teach For Japan 及びフェローシップ・プログラムの説明
  • 代表・松田悠介によるプレゼンテーション
  • 参加の皆さんとの意見交換や質疑応答など
申し込み方法 下記ページからお申込みください。 https://tfj-0927.peatix.com/
お問い合わせ Tel:
e-mail: e-mail: recruiting@teachforjapan.org (担当: 森崎)

登壇者プロフィール

松田悠介

Teach For Japanファウンダー/代表理事
日本大学を卒業後、体育教師として中学校に勤務。体育を英語で教える Sports English のカリキュラムを立案。その後、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官を経て、ハーバード教育大学院(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、PricewaterhouseCoopers Japan にて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。退職後、全国で厳しい環境に置かれている子どもたちの学習支援を展開するLearning For All を設立し、2015年に独立法人化。2012年からはTeach For Japan の創設者として日本国内の教育課題の解決に取り組み、2017年6月に代表理事を退任。2017年7月より日本財団 国際フェローとしてスタンフォードビジネススクールに進学。

2018.10.02開催

「教室から社会を変える」フェローシップ・プログラムオンライン説明会

Teach For Japanでは、「すべての子どもが成長できる教室」というビジョンを掲げ、

「教室から社会を変える」というミッションのもとに、フェローシップ・プログラムを運営しています。

フェローシップ・プログラムとは、TFJでリクルーティングした方を公立学校に常勤講師として紹介し、2年間赴任していただくプログラムです。

プログラム期間は免許を持っていない方でも公立学校の教員として働くことが可能です。

教育への情熱を持ち、リーダーシップを活かして学校現場や子どもたちが抱える問題に向き合い、課題解決に臨んでくれる仲間を募集しています!

日時 2018年10月2日(火)19:30~20:30
接続方法 ZOOMにて接続(事前に接続方法をご案内いたします。)
当日の内容
  • Teach For Japan 及びフェローシップ・プログラムの説明
  • フェロー修了生の教育現場での経験についてのプレゼンテーションや、 教育現場で感じたこと
  • 参加の皆さんとの意見交換や質疑応答など
申し込み方法 参加を希望される方は、URLからお申し込みください。   https://tfj-20181002.peatix.com/
お問い合わせ Tel: 03-6435-8031
e-mail: recruiting@teachforjapan.org (担当: 森崎)

登壇者プロフィール

岡本多永(第5期フェロー/中学校)

2012年大阪府立大学経済学部卒業後、学校法人三幸学園に入社し、入社し、18歳以上の生徒を相手に担任を持ち、7つの習慣(ビジネス書)の授業、事務、営業、広報などを経験。2016年にはカプランインターナショナルハーバード・スクエア校へ入学し英語について学ぶ。2017年4月からTFJ5期フェローとして福岡県公立中学校へ赴任中。 中学校英語の教員として日々活動しつつ、赴任地域の教員コミュニティーづくりや、地域の方々と一緒に地域の将来についてのvistion meetingなども開催している。

森崎昇(選考マネージャー)

日本大学商学部卒業後、株式会社ローソンを経て、アデコ株式会社で10年間人材サービスに従事。支社長として営業部門のマネジメント、人材サービスの提案営業、キャリアカウンセリング等を行い、2016年2月よりTeach For Japanへ参画。2017年グロービス経営大学院経営研究科修了(MBA)。

2018.10.03開催

「教室から社会を変える」フェローシップ・プログラムオンライン説明会

Teach For Japanでは、「すべての子どもが成長できる教室」というビジョンを掲げ、

「教室から社会を変える」というミッションのもとに、フェローシップ・プログラムを運営しています。

フェローシップ・プログラムとは、TFJでリクルーティングした方を公立学校に常勤講師として紹介し、2年間赴任していただくプログラムです。

プログラム期間は免許を持っていない方でも公立学校の教員として働くことが可能です。

教育への情熱を持ち、リーダーシップを活かして学校現場や子どもたちが抱える問題に向き合い、課題解決に臨んでくれる仲間を募集しています!

日時 2018年10月3日(水)19:30~20:30
場所 ZOOMにて接続(事前に接続方法をご案内いたします。)
当日の内容
  • Teach For Japan 及びフェローシップ・プログラムの説明
  • フェロー修了生の教育現場での経験についてのプレゼンテーションや、 教育現場で感じたこと
  • 参加の皆さんとの意見交換や質疑応答など
申し込み方法 参加を希望される方は、URLからお申込みください。   https://tfj-20181003.peatix.com/
お問い合わせ Tel: Tel: 03-6435-8031
e-mail: e-mail: recruiting@teachforjapan.org (担当: 森崎)

登壇者プロフィール

増永純女(4期フェロー/小学校)

慶応義塾大学在学中、ダンス等の表現教育を行う団体で活動。日本の公教育において、自己表現の機会の少なさや、自己肯定感を持たせられていない等の課題に直面する。卒業後、リクルート住まいカンパニーにて営業として活躍。高い目標達成率を残し、チーフとしてマネジメントにも従事。メンバーとのコミュニケーションや徹底したセルフマネジメントで高い成果を出す。教育への課題意識や、「企業は人で成り立っている」がモットーのリクルートで勤務した事から、「教育は人で成り立たねば」と想うようになり、フェローの道を選ぶ。

森崎昇(選考マネージャー)

日本大学商学部卒業後、株式会社ローソンを経て、アデコ株式会社で10年間人材サービスに従事。支社長として営業部門のマネジメント、人材サービスの提案営業、キャリアカウンセリング等を行い、2016年2月よりTeach For Japanへ参画。2017年グロービス経営大学院経営研究科修了(MBA)。

2018.10.04開催

「教室から社会を変える」フェローシップ・プログラムオンライン説明会

Teach For Japanでは、「すべての子どもが成長できる教室」というビジョンを掲げ、

「教室から社会を変える」というミッションのもとに、フェローシップ・プログラムを運営しています。

フェローシップ・プログラムとは、TFJでリクルーティングした方を公立学校に常勤講師として紹介し、2年間赴任していただくプログラムです。

プログラム期間は免許を持っていない方でも公立学校の教員として働くことが可能です。

教育への情熱を持ち、リーダーシップを活かして学校現場や子どもたちが抱える問題に向き合い、課題解決に臨んでくれる仲間を募集しています!

日時 2018年10月4日(木)19:30~20:30
場所 ZOOMにて接続(事前に接続方法をご案内いたします。)
当日の内容
  • Teach For Japan 及びフェローシップ・プログラムの説明
  • フェロー修了生の教育現場での経験についてのプレゼンテーションや、 教育現場で感じたこと
  • 参加の皆さんとの意見交換や質疑応答など
申し込み方法 参加を希望される方は、URLよりお申込みください。 https://tfj-20181004.peatix.com/
お問い合わせ Tel: Tel: 03-6435-8031
e-mail: e-mail: recruiting@teachforjapan.org (担当: 森崎)

登壇者プロフィール

中原健聡(第3期フェロー/小学校)

札幌新陽高等学校 校長の右腕。TFJフェロー3期生。
スペインのサッカーリーグ(4部〜2部B、1部の練習生)で活躍し、2014年に帰国。それからは日本の教育機関で「自分の人生の切り拓き方」を講演して回る。多くの子どもと関わる中で、日本の教育を発展させる学校を作りたいという目標を抱く。その目標の実現のため、自身で学校現場を経験する為に、2015年からTeach For Japanのフェロー3期生として小学校教師として勤務。2年間のプログラム修了後、2017年4月から、札幌新陽高等学校で校長の右腕として赴任。
以前の特集記事はこちら→https://an-life.jp/article/651#/page/1

森崎昇(選考マネージャー)

日本大学商学部卒業後、株式会社ローソンを経て、アデコ株式会社で10年間人材サービスに従事。支社長として営業部門のマネジメント、人材サービスの提案営業、キャリアカウンセリング等を行い、2016年2月よりTeach For Japanへ参画。2017年グロービス経営大学院経営研究科修了(MBA)。