TFJについて

スタッフ紹介

YSD_0075
CEO(最高経営責任者)/ 第1期フェロー

白田 直也

早稲田大学卒業後、楽天株式会社に入社。新規事業部にて新人賞を受賞。教育関係者と民間人との 交流を促進するイベント企画団体「homeroom」を主宰。また日本国内の児童養護施設の課題解決やオルタナティブ教育の可能性に関心を持ち、団体の立ち上げ等活動を始める。2012 年、楽天株式会社を退職し、認定 NPO 法人 Teach For Japan の第一期フェローとして、奈良県内の公立学校に教員として赴任。自己肯定感の維持向上の取り組みを 中心に展開。2015 年 4 月、フェローの任期修了を受けて団体の採用選考担当・研修担当を務める。社会起業 大学主催ソーシャルビジネスグランプリにてコントリビューション大賞を受賞。『全国教育者会議 KES』ほか講演歴多数。

 

山田 育子
研修開発・教師支援マネージャー

山田 育子

東京都立大学人文学部教育学部卒業後、大手IT企業にて社長室秘書課・事業企画推進室を経て、2006年より個別指導塾にて7年間教室長業務を勤める。2013年よりプロボノとしてTeach For Japanへ参画、2014年1月から現職。

森崎 昇
採用・選考マネージャー

森崎 昇

日本大学商学部卒業後、株式会社ローソンを経て、アデコ株式会社で10年間人材サービスに従事。支社長として営業部門のマネジメント、人材サービスの提案営業、キャリアカウンセリング等を行い、2016年2月よりTeach For Japanへ参画。2017年グロービス経営大学院経営研究科修了予定(MBA)。

不破 真理子
九州地区 研修開発・教師支援マネージャー

不破 真理子

1991年 九州旅客鉄道株式会社入社。鉄道事業本部にてリーダーとして採用、研修、企画に6年間携わり、独自の人材開発体系と組織を確立。社内外における研修インストラクターとしても活動。2004年 組織・人材開発コンサルティング会社入社。人材開発事業部マネージャーとして勤務。2011年 8月よりTeach For Japanへ参画。

IMG_0346
渉外マネージャー・事務局マネージャー

丸山 千夏

慶応義塾大学法学部卒業後、会計事務所にて秘書業務や総務・会計業務を担当。その後、子ども支援の国際NGO団体にて東日本大震災復興支援業務に携わる。保育士資格取得。2015年10月より現職。

安井 瑞季
広報インターン

安井 瑞季

早稲田大学商学部4年。専攻として国際経済学を学びつつも、自身の経験などから、教育について興味を持ち始める。米国留学時に、教育学の授業内でTeach For Americaを知ったことをきっかけに、帰国後、2015年6月から広報インターン生として参画。

田川 由希子
採用・選考インターン

田川 由希子

東京大学教育学部3年。大学では小学校の英語教育における行政と現場の関わりについて調査を行う。英語教育や国際関係に関心があり、大学外では中学校の英語弁論大会の運営を行ったり、外国人バックパッカーが訪れるユースホステルで働いている。友人の紹介でTFJを知り、活動に共感。2016年1月から採用インターン生として参画。

薬袋さん
採用インターン

薬袋 由香莉

筑波大学大学院 人間総合科学研究科2年。大学院では、学部時代から引き続き社会科教育について学ぶ。研究の傍ら教師同士が行う研究会や勉強会へ足を運び、教師の学びに関心を持つようになる。教師の学びを支援したいという思いから、2016年4月より採用インターン生として参画。

              
DSC_0004
広報インターン

林 恵里佳

東京大学 教育学部4年。大学では教育開発学について学び、現在はフィリピンの職業訓練について調査を行う。地域や国ごとの教育格差に課題意識をもち、NPOや学校などを通じて学習支援を行う。その中でTeach for Americaの存在を知り理念に共感したことから、2016年9月に広報インターンとして参画。

14859334_1106871496093209_1851249410_o
採用インターン

中村 柾

早稲田大学国際教養学部3年。アメリカに2年間留学し、現地学校で学校初の日本人として教育実習を行った。その体験記を綴った本「日本人は1人だけ~アメリカ教育実習記~」を2016年4月に出版。アメリカ留学後はアフリカのスワジランドで2ヶ月間教育実習、インドのTeach For Indiaでインターン生として参画。2016年9月から採用インターンに復帰

15682107_1093069064135636_1141075316_o
キャンパスリーダー

斉藤 みずも

上智大学英文学科3年。高校での恩師との出会いから教育に関心を持つ。大学では、英語ディベートに注力し国内・海外大会に出場。大学で経験した塾講師のアルバイト・ボランティア活動を通して教育の課題と可能性を痛感したことから、2016年12月よりキャンパスリーダーとして参画。

15658808_371997163134147_429686491_o
キャンパスリーダー

上田 裕己

慶應義塾大学商学部2年。大学進学を機に上京、1年時はバックパッカーとして16カ国に渡航する。道中、シンガポール人バンカーとの出会いを通して、自分の行動がビジネスの観点では何の生産性も有していないことに気付き驚愕する。その結果、他者と共同して物事を推進することの重要性を認識する。現在は某中東地域の東京事務所にてインターンとして勤務中。自身の原体験からTFJの掲げるミッションに賛同し、2016年12月よりキャンパスリーダーとして参画。

14971882_1751415211846368_1339395071_n
キャンパスリーダー

能登 貴一

青山学院大学教育人間科学部2年。インドネシアでのボランティア活動の経験から教育格差、女性問題に興味を持ち始めるようになり、大学ではジェンダーと教育について学ぶ。また学内のボランティア団体を通じて社会問題に対して自ら行動できる青学生を増やす活動をしている。イベントに参加したのがきっかけでTeach For Japanを知り、ビジョンに共感したことから2016年12月に青山学院大学キャンパスリーダーとして参画。

16129347_1202612743185750_2120144013_o
キャンパスリーダー

西岡 佳樹

神戸大学発達科学部4年。大学では高校数学の教員免許を取りつつ、子どもたちの可能性を拡げる教育に関心を持つ。塾講師として高校生の生の声を聴き、また中高生へのプログラミング教育の会社でのメンターの活動を通じて、教育の可能性について再認識をする。さまざまな教育への取り組みを知る中で、Teach for Japanのビジョンに共感する。大学院進学が決まっている中、学生だからできることとして、2016年12月より神戸大学キャンパスリーダーとして参画。